畳替えの種類とタイミング

畳替えの種類って?

色々な床材もそうですが、畳も消耗品ですので、年月が経つにつれて少しずつ劣化していきます。
ですが、畳は他の床材よりも、きちんとメンテナンスすることで、より長持ちして使用する事が出来ます。

裏返し 新しい畳を使用してから2~3年すると、畳の表面に日焼けや色あせ、擦り切れなどの傷みが見えてきたら、
裏返しの目安です。
裏返しは、ただ単に裏返すのではなく、畳床から一度劣化した畳表をはがし、裏返してからきれいな部分を表にします。
畳表は両面使用できるので、ひっくり返すことで、新品のような状態になります。
表替え 新しい畳を使用してから、4~5年後が畳表替えの最適な時期です。
既存の畳床はそのまま再利用します。畳表、畳縁を新しいものと交換します。
表面のイ草が新しいものとなるので、香りを楽しむ事も出来、また、イ草特有の湿気を吸い取る効果も発揮されるので、
とても気持ちの良い空間を味わう事ができます。
新調 新しい畳を使用してから10年から15年経過する、という時には、畳を新調する事をお勧めします。
読んで字のごとく、畳表、畳床、畳縁、全てを新しくしますので、クッション性のある、踏み心地のよい畳を楽しむことが出来るでしょう。

 

畳替えのタイミングって?

上記を参考に、早めのタイミングでメンテナンスする事が、畳を長持ちさせ、快適に過ごすことにつながります。
畳と長ーいお付き合いをしていきましょう。
使用状況や、日当たりやお部屋の条件でも、メンテナンスの時期、畳替えのタイミングは変わってきます。
ぜひ、私達、畳のプロにご相談ください。
畳の状態に最適なメンテナンス方法をお伝えします。